3月13日(日)「天竜ヒノキ材手づくりベンチ」を「はままつフラワーパーク」に寄贈します

株式会社アイジーコンサルティング

2022年3月4日 10時50分

建築余剰材の有効活用よる手作りベンチの寄贈式

株式会社アイジーコンサルティング(本社:静岡県浜松市、代表取締役:鈴木 智彦)は、地元の観光施設はままつフラワーパークの来場者用施設の備品として、「天竜ヒノキ材手づくりベンチ」2022年3月13日(日)に寄贈いたします。

報道関係各位
2022年3月4日
株式会社アイジーコンサルティング

3月13日(日)「天竜ヒノキ材手づくりベンチ」を「はままつフラワーパーク」に寄贈します
~ はままつフラワーパークへの施設用備品寄贈式 ~
株式会社アイジーコンサルティング(本社:静岡県浜松市、代表取締役:鈴木 智彦)は、地元の観光施設はままつフラワーパークの来場者用施設の備品として、「天竜ヒノキ材手づくりベンチ」2022年3月13日(日)に寄贈いたします。https://www.e-igc.jp/whatsnew/23745/




「天竜ヒノキ材手づくりベンチ寄贈式」詳細
株式会社アイジーコンサルティングの自然素材注文住宅を手掛ける建築事業部アイジースタイルハウスでは、地元の観光施設はままつフラワーパークより寄せられた「来場者用ベンチが不足している。」という課題の解決に役立てていただける様、地元天竜ヒノキ材を用い地元の方々が手づくりで作製したベンチを寄贈いたします。ベンチは、当社の木造住宅建築工事の際に発生した余剰木材を用い、当社社員と地元の参加者で作製したものです。寄贈式には、作製されたご家族も招待しお立合いただきます。




「天竜ヒノキ材手づくりベンチ寄贈式」実施の背景



アイジースタイルハウスでは、木造注文住宅の建築に伴うサステナブル社会実現のための「JAPAN WOOD PROJECT」活動を実施しています。その理念は、同じ地元の観光施設はままつフラワーパーク理事 塚本こなみ氏の考えと共通するところがあり、今回の寄贈ベンチを作製したイベントでは、塚本氏からの講話もいただきました。その中で、はままつフラワーパークの来場者休息用ベンチが足りないとの話があり、地元の共有財産であるフラワーパークの不便解消に、少しでも役立てられればとの思いから、この度のベンチ寄贈を考えたものです。




このベンチは、これまで、高品質ながら焼却などで処分されてきた建築工事の余剰木材を有効活用するJAPAN WOOD PROJECTの活動を広く知っていただくためのイベントで作製したものです。地元の一般の方々による、地元天竜ヒノキ材という高級樹種の木材を用いた手づくりベンチです。作製されたご家族のお名前も刻んだこのベンチの寄贈により、地元の観光施設への愛着が一層増すとも考えています。




はままつフラワーパーク理事 塚本こなみ氏プロフィール

静岡県磐田市出身、現在浜松市在住。
日本女性樹木医第一号。一級造園施工管理技士。
1996年に樹齢130年の4本の大藤をあしかがフラワーパークに移植し、一躍有名になる。2013年4月からはままつフラワーパーク理事長、浜松市花みどり振興財団理事長を務めるかたわら、全国の樹木の世話をする。


【「天竜ヒノキ材手づくりベンチ寄贈式」実施概要】


◆開催日:2022年3月13日(日)10:30より
◆会場名:はままつフラワーパーク
◆住 所:静岡県浜松市西区舘山寺町195番地
◆アクセス
車でのご来場
東名高速道路「浜松西」インターチェンジより、約15分。インターチェンジを降りたら最初の交差点を右折。各所の案内看板をご覧ください。

車・バスでのご来場
浜松駅北口のバスターミナル1番乗り場より「かんざんじ温泉行き」にお乗りください。「フラワーパーク」バス停下車すぐ。 所要時間は約40分、料金は570円です。

バスは、ほぼ10分~15分間隔で運行されています。
詳しい運行時刻につきましては、遠州鉄道 舘山寺営業所 053-487-0056へお尋ね下さい。


アイジースタイルハウスと『JAPAN WOOD PROJECT』について



アイジースタイルハウスは、静岡県浜松市に本社を置く、木造建造物のメンテナンスを生業として1899年創業したアイジーコンサルティングが手掛ける、建築事業部の店舗です。2006年磐田市に出店、本物の自然素材を多用した「健康で長持ちする」住宅を手掛けます。昨年は、浜松市内に体感型のコンセプトハウス「EMOTOP(エモトープ)浜松」もオープンし、磐田の拠点も浜松に移転。現在は、名古屋店、豊橋店を含め、年間約50棟の木造住宅を建築しています。これまでの住宅建築では、本社の地元、天竜材をふんだんに採用してまいりました。

天竜の森林は、日本の三大人工美林に数えられるほどですが、実際は、輸入材に押され、需要と供給のアンバランスから森林業としては徐々に衰退しつつあり、それに伴う社会資産の荒廃が進む厳しい現実があります。持続可能な社会の実現には、林業や地場産業を守り育てていかねばなりませんが、現実は厳しく、この様な問題は日本独特の複雑な流通と連携不足が大きな要因となっています。

弊社は、この問題解決のために、『JAPAN WOOD PROJECT』を発足し、業界横断プロジェクトを構築し地域木材の有効活用を実現しました。木材流通関連会社と住宅会社の協力体制でもある本活動は、全国的にもめずらしい取り組みで、2020年のグッドデザイン賞受賞(https://www.e-igc.jp/sustainability/jwp/gdaward/)、浜松市CSR優秀賞の3年連続受賞、また本年2022年は浜松市の「地球にも人にも優しい家づくりコンテスト」(https://www.chunichi.co.jp/article/425903?rct=h_shizuoka)の表彰など、ご評価をいただいています。


【会社概要】
会社名 : 株式会社 アイジーコンサルティング
所在地 : 静岡県浜松市中区住吉4-9-5
設立 : 1975年(創業1899年)
代表取締役 : 鈴木 智彦
事業内容 : 新築設計・施工、不動産仲介業務及び販売、総合リフォーム事業、
耐震リフォーム業、住宅メンテナンス業
URL : https://www.ig-consulting.co.jp


【お客様からのお問い合わせ先】
アイジースタイルハウス
URL : https://www.e-igc.jp/
TEL:0120-880-250(10:00 ~ 18:00)
E-mail:info@e-igc.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2022年3月4日 10時50分

NEW

日本初!賃貸オーナーに毎月マイルが貯まる!「ANAの住まい」にリロケー...



ANAグループの不動産会社であるANAファシリティーズ株式会社(本社:東京都中央区、代...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

いえらぶで物件を探してみませんか?

あなたの理想に合った家選びを、いえらぶは応援します。いえらぶで、いい家選んでみてください。

トップへGO!